スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウス

新しいマウスを購入しました。

エレコム EU RoHS指令準拠 USB 光学式マウス スタンダードサイズ/簡易パッケージ(ブラック) M-M2URBK/RSエレコム EU RoHS指令準拠 USB 光学式マウス スタンダードサイズ/簡易パッケージ(ブラック) M-M2URBK/RS
(2007/12/15)
エレコム

商品詳細を見る

480円也。

見た目はGのようで、箱から出したときもあまり良い気持ちではなかったのですが、使ってしまえば外観は気になりません。わざわざ手を見ながら操作するわけではありませんし。

MacBookはUSBポートが左にあるので右手で操作するとなると後ろにケーブルをまわす必要があります。
長さが足りるか少し不安だったのですが、実際に届いたものを見ると、後ろにまわしても少し余るくらいの長さがありました。反対に、右にポートのあるノートパソコンだと持て余しそうですね。

マウス操作が楽で感激しました。MacBookについているトラックパッドとっても使い辛いんですよね。慣れれば問題ありませんが、今回マウスで操作してその有り難みを実感しました。



appleの偉業はiPod止まりのような気がします。iPhoneを始めとしたアンドロイド端末は普段触れないので分かりませんが、macbookを利用している限りでは、デザインを重視する余りに使いやすさをどこかに置き忘れたかのような商品です。
タッチパネルは正直使いやすいとは思えないのですが、apple社は積極的に採用しています。筐体をコンパクトにしながら且つ大きい液晶画面を提供するには、できるだけボタンを減らすというのはまだ利に適っているのですが、今度発表されるiPod nanoもタッチパネルにするという話で、一体どこへ向かおうというのか。そんなにアルバムジャケットを見たい人がいるのか、画面が大きい必要があるのか、全く理解できません。

MacBookだと反対に、ただでさえ小さな画面なのにお洒落を追求して下列にアイコンが並ぶようになっています。透明なプラケースの上に並ぶアイコン達をクリックするとぴょんぴょん跳ねる様は見ていて楽しいのですが、このアイコン達、ブラウザの下に隠れることを良しとせず、結果下数センチはブラウザ画面として利用することができません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。